ゆったりまったり更新中。ツッコミ・感想大歓迎です♪
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
HEROESが面白い♪
 
 
【2008/07/08】
 
 
アメリカの大人気ドラマ、【 HEROES 】を毎週見ています。
日本では深夜に放映されているのですけれども…
丁度、お絵かき作業をしているとその時間起きていることが多くてですね、
ついうっかり毎週チェックするようになりましたのです、えへへ(にょもにょも)

さてさて、そのヒーローズ。
マシオカさんが演じる日本人のオタクなサラリーマンのヒロは日本でも凄く人気のようですが
彼が作中で着ているジャケットの胸で燦然と輝くロゴマーク『場違い』にうっかり吹いた方は多いと思います。
「だ、ださ(ry)」
と思った方は手を上げてー!!
お仲間です!!!!!
あれですよね、英語をそのまま直訳したっぽい雰囲気が漂ってるジャケットですよね…(爆)

なぜ彼はあんなロゴの服を着てるのか?
ヒロは意味をわかってて着ているのか?
というかこれを考えた製作担当者は、日本語をわかっているの…?!!

そんな話題を取り上げているブログが多いようですが…私は思うのです。
きっと、ヒロは意味をわかって着ている!!(どーん)と。

此処で少し彼の持つ特殊能力について考えてみましょう。
ヒロことナカムラヒロは、時空間制御能力の持ち主です。
時空を操り、空間転移や時間転移、時間停止までできちゃう凄い力です。
過去と未来、日本~ニューヨーク間も、瞬きの間に往復できてしまいます。
とっても便利な能力ですが、彼が能力を使って行く先に出会う人間の視点でこのことを客観的に考えてみると、ヒロは“本来ならばその場にいるはずのない人間”、“その場にいてはいけない存在”ということになります。
つまり、『場違い』な人。
製作者サイドで何を意図してあれを作ったのか、真相はわかりませんが…
『自分は行く先々で場違いな存在になる。けれどそれを運命として受け入れ、真のヒーローになる為に特殊能力を使う。』
そういったヒロの決意の現われが、『場違い』ロゴのジャケットなんじゃないかなと、私は思うのです。

HEROESの作中には他にもいたるところで「この日本語の使い方はちょっと…」と思える部分が多少ありますが、もしかしたらそれにも一つ一つ深い意味があるのかもしれないと考えながらドラマを見ると、面白さも倍増するような気がします。

HEROESの中の日本的要素といえば、ヤマガト助成団体のウェブサイトの、カイト・ナカムラ会長のメッセージもお勧めです。
日本語うまーい!
「過去を調査して人を導く」という会社の方針…ヒロの能力や、自分が英雄になる事にこだわっている理由は、お父さんの影響もあるのかもしれませんね。
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
ついうっかり
こちらの確認を怠っていたら面白そうな話題ががが!

日本語はマシオカさんが直そうとしても脚本家が頷かないのだと、どこぞで見ました。意図があってのことだったら深すぎますよね、あれは!!

私が一番噴いたのはアレです、バンザーイ!!のセリフ。
脚本家が聞き間違えて覚えてしまっていて、台本では
「ボンサーイ!!」
と叫んでいたのだとか。これだけは譲れないって、必死に直してもらったそうです。聞きたかったな、盆栽。

ドラマではないですが、忍者ネタのアメコミ映画『エレクトラ』もいいですよー
機会があったらぜひ見てくださーい(*ノノ)
【2008/10/10 14:59】 URL | やなぎきいち #SFo5/nok [ 編集]

 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://avisrara.blog16.fc2.com/tb.php/163-046a1b8e

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。