ゆったりまったり更新中。ツッコミ・感想大歓迎です♪
 
 
 
 
スポンサーサイト
 
 
【--/--/--】
 
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
F1界の赤い皇帝のお話。
 
 
【2006/10/23】
 
 
昨日、遂に、スクーデリア・フェラーリのエースドライバー、ミハエル・シューマッハの最後のレースが行われましたね…。
あんなに凄い才能を持った方がF1界からいなくなってしまうのは、ものすごい損失のような気がします。
ひとつの時代が終わってしまうような…。

赤い皇帝ミハエルがいたからこそ、青き闘牛士アロンソの活躍が光ったのだと個人的には思ってます。
絶対王者とその座を狙う挑戦者の存在は、レースには欠かせませんものね!
そういえば、セナと戦っていたころのミハエルには”大先輩に噛み付く生意気なレーサー”みたいな印象が付きまとっていましたが、今のミハエルとアロンソの立場もそんな感じにえがかれてますよね…。
こういうイメージを作り出すマスコミには恐れ入ります。
(アロンソの過激な発言や言動の数々は、作り出されたイメージじゃなくて本当のことらしいですけども(笑)

ですが個人的には「赤い皇帝」を「落日の皇帝」って書き立てるのはやめてほしかった!
「サイボーグ」とか「ターミネーター」とかはわかるんですけどよりにもよって落日…
CAMはミハエルの熱烈なファンというわけではなかったのですが…まだ負けると決まったわけではない時点でそれは酷いよ、と…!(号泣)
ここ数年間のF1は「誰が皇帝を地に堕とすか」を争っていた感じがしますし、アロンソは最終的にミハエルを完膚なきまでに叩きのめして王者に君臨したので、仕方がないかもしれないですが…。。。
最後のレースのほうで某TV局が、ミハエルのテロップを「逆襲の赤い皇帝」って直してたのは、あれはクレームが殺到したからだと思(ry)

…まあ、日本のTV局が考え出した妙な二つ名についての個人的な考えはさておき。
コース上を切り裂く様に駆け回り、F1の記録を次々と塗り替えていく赤いマシンを見るのが大好きでした。
常に勝ちにこだわり、時には卑怯にも見える手を使ってまで王座に執着したミハエルの貪欲さが大好きでした。
17年間お疲れ様でした。
素晴らしいレースと、沢山の興奮をありがとうございました。


彼が去ったF1界が、今後どう変わっていくかが楽しみです。
新王者アロンソが率いるルノーの勢いは何処まで続くのでしょうね…v
来シーズンライコネンを迎えるフェラーリはこのまま黙ってないでしょうし、マクラーレンやホンダやその他のチームだっていますし!
どのチームにも頑張ってほしいですv(わくわく)
 
 
 
▲TOP
 
 
 
 
この記事に対するコメント
 
 
 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するコメント投稿
 
 















 
 
 
▲TOP

 
 
 
 
この記事に対するトラックバック
 
 
トラックバックURL
→http://avisrara.blog16.fc2.com/tb.php/145-96a89deb

 
 
 
▲TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。